お気軽にお問い合わせください

NeuronをAzure Marketplace上で試す(1)

エンタープライズ検索エンジン「Neuron」がAzure MarketPlace上でお試しいただけるようになりました。テストデータも用意されていますので、お申し込み後すぐに検索を体感いただけます。さらに専用のアップロード画面からファイルを追加することで検索対象を増やすこともできます。それでは早速トライしてみましょう。

 

 

環境のセットアップ

 

Azure Marketplace へ移動します。

体験版の選択

 

体験版をクリックすると、サインインの画面が表示されますので、Microsoftアカウントをお持ちの方はそのままサインインを行い、お持ちでない方はサインアップする必要があります。(無料アカウントがあります)

 

サインインを行います

 

サインインを行うと以下の確認画面が標示されますので、内容を確認いただきチェックしたら続行をクリックします。

 

内容の確認

 

体験版のセットアップがスタートしますので、しばらく待ちます。。。セットアップが完了すると以下の画面が表示され、各種接続先URLが記載されたメールが送付されますので、メールを確認してみましょう。(※少し時間がかかるようです。)

マニュアルは本画面下に「体験版のユーザーマニュアル」としてリンクが表示されていますのでこちらもご確認ください。

 

セットアップ状況とマニュアルの確認

 

「Microsoft Azure Test Drive: Neuron Demo Test Drive is ready」という件名のメールが届いたら準備は完了です。メール本文にログインURLが記載されていますので、内容を確認してみましょう。

 

各種設定のURL

 

検索の実行

 

メール本文に記載されていた「Search_url」をそのままクリックするか、コピーしてブラウザを立ち上げ、ペーストします。ダイアログが表示されますので、こちらもメール本文に記載されている「User」「Password」を入力すると、Neuronの検索画面が表示されると思います。

 

検索画面

 

本環境には総務省行政管理局が運営しているデータカタログサイト「DATA GO.JP」からいくつかのデータを格納しておりますので、試しに検索窓に「東京」と入力して検索を実行してみましょう。

検索結果

全文検索エンジンですので、ファイル名だけでなく文書の中身も検索し「東京」というキーワードが含まれたドキュメントが上図のように複数件表示されると思います。その他にも検索キーワードを「東京 墨田区」や「オープンデータ」などに変更し、検索を実行してみてください。結果が色々と変わってくると思います。

 

稼働可能時間の確認

 

検索環境は7日間利用可能です。残りの時間を確認するにはメール文中の「Go to your Test Drive」をクリックしてみてください。

 

稼働時間の確認方法

 

個々に表示されている時間だけお試しいただくことができます。

 

稼働時間の確認画面

 

最後に

 

まずは検索環境の構築手順のご案内となります。次回は自分のデータの追加、設定画面、便利な検索の仕方についてご紹介していきたいと思います。

 

Tags: エンタープライズサーチ, トライアル